横須賀初のインド・ネパールカレー店は?

2021/02/12

今では横須賀市内の各駅にあるのでは?というほどたくさんのお店がありおなじみのインド・ネパールカレー店。
では、横須賀初のインド・ネパールカレー店はどこなのか・・・?

どうやら2006年にオープンした横須賀中央の三笠通り商店街にある『ニルヴァーナ』さんのようです。

ちなみに、インド・ネパールカレーとうたっているお店のほとんどは経営者または料理人がネパール人の方だそう。ネパールカレーはインドカレーよりもスパイスや油の使い方控えめで、日本人の口に合うともいわれています。そして、インドカレーといえば、今やファンも多く日本に定着した感のある大きなナンが特徴ですが、ネパールではナンではなくライスが一般的とのこと。インド・ネパールカレー店はその名に偽りなく、インド料理もネパール料理も楽しめるお店なんですね。ネパールは地理的にもインドとチベットと中国の影響を受けているのでお料理も多種多様です。たいていのインドネパール料理店でメニューに入っているモモやチャウミンといった小籠包や焼きそばに似たメニューなどはチベット・中国地方の影響が濃い料理だし、ナンや様々なカレースパイスで下味をつけてグリルしたタンドリーチキンはインドがルーツなんだそうです。

さて、「ニルヴァーナ」さんが開店した2006年は、ネパールではちょうど長年続いていた国王の専制政治が終わり、民主化と和平に向けて大きく踏み出した年。しかしまだまだ政情の不安定な状況は続いています。日本でインド・ネパール料理店が増えて続けているのには諸々の複雑な理由があるようですが、ネパール料理はすっかり地域に根を下ろし、ふと思い出すと食べたくなっちゃう味として日本に定着してきているような気がします。

ヨコスカイチバンにも5店舗が掲載されるインド・ネパール料理店。
私も先日ゴルカパレスさんでレディースセットのテイクアウトを利用しました。
カレー2種と大きなナンとサフランライスとサラダとタンドリーチキンがついて1人前!
ボリューム抜群でおいしいのでおすすめです。ぜひ利用してみてくださいね!
※上の画像はゴルカパレスさんのレディースセットの写真です。
<SU>

ヨコスカイチバン アジア料理・エスニックで検索

▲ TOP