米屋直営の『おはぎ』と握りたておにぎり

2022/09/02

まだ幼い長男が、京急バスを「ハンバーグバスだ!」と呼んでいたことをふと思い出した。
バスの後ろにある、茶屋の『おはぎ』の広告のことです。
お店からしたら失礼な勘違いですが、我が家ではいまだに語り継がれる思い出&インパクト大でしたので、
広告としては成功ではないでしょうか。
最近は写真が変わってしまったようですが、昔のは、ぱっと見ハンバーグに見えなくもない・・・?(下に置いておきますね)

そして、その茶屋の『おはぎ』は、控えめに言っても美味しい。
北海道産あんこの味を引き立て、餅の風味をしっかり感じられる、国内産黄金餅を使用。
小豆本来の香りを生かし、甘さを控えめにした飽きが来ない手作りのおはぎです。
食材・作り方、味すべてにこだわった人気の逸品で数量限定のため、
絶対手に入れたい方は予約をおススメします。(私は買えなかったこともあります。)

この夏、オーダーごとに握る『握りたておにぎり』が味わえる、おにぎり屋さんとしてリニューアルしました。
その年に最も美味しく出来たこだわりのお米を使ったおにぎりが、平日朝7時から味わえます。
そもそも、茶屋を運営しているむらせダイニングはお米屋さんです。
お米のエキスパートが提供する間違いないその味を、一度確かめに行ってみてください。


ライターSa:2階にある「鳥ぎん」は、上品な雰囲気、上質な接客で味わう『釜めし』も絶品。
1階の「玄武」は、横須賀で『十割蕎麦』が味わえる貴重なお店です。

◎「茶屋 本店」ページはこちら

▲ TOP