家から行って帰って2時間?!お手軽ハイキング~小網代の森~

2022/05/06

小網代の森(こあじろのもり)

寝GWの挙句、ようやく5/5木曜日に外に出た。
しかも混雑が嫌なので目的地は下り方面、しかも午後からというぐーたらっぷり。
14:00の電車に乗って三崎口へ。目的地は『小網代の森』である。

三崎口から引橋方面へしばらく歩き『小網代の森』入り口に到着。
そこからどんどん下り、森に入る。季節のせいなのか、整備しすぎのせいなのか、以前来た時のような原生林ぽさを感じない。(以前は秋だったか・・)
子どもも「これじゃあ近所のそこらの森に入ったって同じじゃないか・・」とぶつぶつ言っている。
「前来たときはもっとうっそうとしていて、プチ屋久島っぽかったんだけどね・・まあ屋久島に行ったことはないけどね・・」
そんな適当な会話をしながら進むも、初夏の日差しが降り注ぐ森は明るくどこまでも爽やかである。
家族連れがカゲロウやトンボを観察し、シダマニアが写真撮影にいそしむ横を通り過ぎてずんずん進む。
原生林を渡る送電線を仰ぎ見ているうちに、いつの間にか植生が変わり葦の原となる。
「ほら見てよプチ尾瀬っぽいでしょう。・・まあ尾瀬に行ったことはないけどね・・」
「尾瀬って葦じゃないよね。水芭蕉だよね・・・。」
初夏の日差しの下ではいろいろ明白になりすぎていけない。

ひらけた場所で水分補給をしながらコアラのマーチを食べる。

当然だが、下りや平たんな道のりばかりだと油断していると、帰路いきなり急なのぼりがやってくる。
標高1.5m地点からいきなり35m地点に上る山道がドーン。
寝GWの人間にこれを登らせるのか?!という道である。
リスや蛇が跋扈する長い長い山道。汗だくになりやっとのことで木と笹のトンネルを抜けると、そこは一面のキャベツ畑だった・・。(北尾根入口にでました)

そんなこんなで三崎口15時58分発の電車に乗り、そそくさと家路についたわけである。

ほんの2時間であんな“まあまあ秘境”に散歩に行って帰ってこれるとは・・。(私が三浦市よりの横須賀市に住んでいるからだけど)
まさに『三浦半島レジャー半島』(るるぶのキャッチコピー)じゃあないか。
まだまだGW中の皆様、今からでも間に合います。
『近、いい、三浦半島』(京急のキャッチコピー)にどうぞおいで下さいね。

※気軽なアウトドアレジャーとして、下にヨコスカイチバンBBQで検索のリンクを貼っておきます☆

<SU>5月っていいよね。

ヨコスカイチバン バーベキューで検索

▲ TOP