新型コロナウィルスの実態がわからない

2020/02/28

不要不急の外出の自粛、イベントの自粛、公立小中学校の休校・・・

まさかこんな事態になるとは、誰も想像していなかったに違いないが、時を戻せるなら春節前に中国からの入国を禁止するべきだったんでしょうかね?ちなみに「時を戻そう」という今話題のコンビ芸人ぺこぱのネタ中のセリフは主に閑話休題という意味合いで使われる。
「ここで時を戻そう。」

今報道は新型コロナウィルス一色で、国難だ有事だと騒いでいるが、何が怖いって新聞を読んでもニュースを見ても、厚労省のホームページをみても新型コロナウィルスQ&Aを読んでもその実態がわからないというところ。様々な情報が飛び交ってはいるが、どれもあいまいでつかみどころがないのだ。
感染していても症状が出ない人もいて、潜伏期間が12.5日と長く、さらには、該当の症状があるからと保健所に相談しても、ほとんどの人は検査してもらえないという。検査薬が足りないからというわけではないらしいから、うちの自治体から陽性者を出したくないという、ことなかれ主義的な対応じゃないでしょうね?と疑いたくもなってしまう。それに、今のところ感染がわかっても特効薬があるわけでもないので、検査で陽性が出て営業停止になるリスクや隔離、風評被害、いじめを恐れてあえて検査をしないという人もいるわけで・・。
となると、きっと政府発表よりもきっと、ずっともっと感染は拡大しているに違いない。
とりあえず、予防のためにできることといったら
1石鹸やアルコール消毒液などによる手洗い
2正しいマスクの着用を含む咳エチケット
3高齢者や持病のある方は公共交通機関や人込みを避ける
といった一般的なこと。
マスク不足の昨今、花粉症の家族のためにマスクの無駄遣いもできないなあなんて考えたりもしますが、万が一自分が感染していた場合に拡大させないためにも予防のためにも、外出時には一応できるだけマスク着用で過ごそうと思います。
見えないものから身を守らなければならないという、どうにも防ぎようもない状況かとは思いますが、皆様もどうかお気をつけください。

※上の表は2/27 12:00現在の日本国内の感染状況です。
<SU>

【2月7日「帰国者・接触者相談センター」を開設しました】新型コロナウイルス関連肺炎の発生について(横須賀市)

▲ TOP