レジ袋有料化スタート(2020年7月1日~)

2020/07/01

令和2年7月1日から全国一斉にレジ袋(プラスチック製買物袋)の有料化が始まりました。
石油由来の製品を減らすことで海洋プラスチックごみを削減することが目的です。

<有料化の対象となる袋>
消費者が購入した商品を持ち運ぶために用いる、持ち手のついたプラスチック製の買物袋です。

<有料化の対象とならない袋>
紙袋や布製の袋、持ち手のないプラスチック製買物袋は本制度の対象外となります。
環境負荷が少ない以下のプラスチック製買物袋も対象外となります。
1フィルムの厚さが50マイクロメートル以上で繰り返し使えるもの
2海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの
3バイオマス素材の配合率が25%以上のもの

<対象事業者>
製品を販売する際にプラスチック製買物袋を使用する、小売を行うすべての事業者が対象となります。
なお、主な業種が小売業でない事業者(製造業やサービス業)であっても、事業の一部として小売業を行っている場合は対象となります。

<問合せ>
【レジ袋有料化お問い合せ窓口】 受付時間9:00~18:15(土・日・祝日を除く)
  消費者向け:0570-080180
  事業者向け:0570-000930

プラスチック製買物袋有料化について(経済産業省)(外部サイト)

レジ袋有料化Q&Aガイド

▲ TOP