第12回横須賀ちょい呑みフェスティバルはじまりました~

2019/10/17

はじめてのちょい呑みに行ってきました

大きな声では申せませんが、実はわたくし昨日がちょい呑み初参加という超初心者。
ちょい呑みのベテランK子さんが一緒だったので特に不安もなく参加できましたが、
中には初心者同士、または一人でドキドキワクワクの初参加を目論んでいる方もいるのではないかと思いまして・・・。

今回のブログではシャイで小心者の初心者がはじめの一歩を踏み出せるよう、ちょい呑み参加にまつわるささやかな不安を解消したいと思います。

☆不安その1:チケットはどこで買えるの?
⇒ドブイタステーション(ドブ板)、酒のデパートヒトモト(ザタワー横須賀中央向い)、横須賀氷業(若松マーケット)、Yデッキ下(横須賀中央駅)、与論乃風前(汐入駅前)
パンフレットを手に入れるためにも、まずは上記チケット販売所に行くと良いでしょう。
けれども、追加でチケットが欲しくなったとか、すでに決めているお店があるという場合は、お店で直接買うのが手っ取り早いです。勇気を出して(というかフツーに)お店の人に「ちょい呑みチケット下さい」と言ってみましょう。

☆不安その2:のぼりもポスターもない普段どおりの街だけど、本当にちょい呑みフェスティバルやってるの?
⇒ご安心下さい。10/16(水)~19(土)4日間は参加店67店舗にてちゃんと開催しております!

☆不安その3:ちょい呑みチケットはいつのタイミングで出せばいいの?来店時に宣言するべき?
⇒『ちょい呑みで来ました~』と来店時店員さんに伝えればよいのです。またはちょいのみチケットをちらつかせていれば察してくれることでしょう。ご安心ください。フツーにチケットと引き換えに、ちょい呑みメニューを出してくれます。

ちなみに今回私は、一軒目は『カドヤのバール』さんへ。木のいい香りがするカウンターでよなよなエールと葉山牛の時雨煮をいただきました。濃い味付けの時雨煮に散らされたピンクペッパーが目にも口にもいいアクセントでビールがぐいぐいすすむすすむ!
二軒目は『とれび庵さん』へ。いつも混んでいる人気店ですが、行った時間帯はたまたま空いていて、席に着いたとたん後からあとからお客が来店!おお!ついてる~!
山口県の銘酒『獺祭』を呑みながら牛筋煮込みや新鮮な鰹の刺身をいただきました~。

今回は、短時間の予定だったので3名でちょい呑みチケットを2セット(1セット3枚つづり)購入。合計6枚のチケットを一人2枚ずつ使用。
「1セット(3枚)は使い切れないかも」なんて心配な方も、ご安心ください。このとおり分け合えます。というか、余裕で一人3枚使切れます。というより、また行きたい。

本日17日は漫才協会所属の双子コンビ「うすくら屋」がちょい呑みに参加予定。「神出鬼没で流しの漫才を披露する」そんなサプライズに出会える可能性もあるようです。

それでは、皆さん、半年に1度の「ちょい呑みフェスティバル」気軽に楽しんできてくださいね!!
チケットについている、抽選券の応募もお忘れなく!
<SU>

カドヤのバール

ちょい呑みフェスティバル パンフレット

以下、17日ちょい呑みに登場予定、漫才協会所属の双子コンビ「うすくら屋」の情報です。

タウンニュース10月11日号

▲ TOP